餓鬼草紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
食糞餓鬼

餓鬼草紙(がきそうし)は、地獄餓鬼道世界を主題とした絵巻。「正法念処経」の説く、現世の「原因(所業)」に対する来世の「結果(応報)」が描かれる。

概要[編集]

平安時代末期から鎌倉時代初頭の不安定な動乱期の社会情勢を背景として、一世を風靡した六道思想を反映した「地獄草紙」などと共に製作されたと考えられる。

国宝[編集]

東京国立博物館蔵本[編集]

後白河法皇蓮華王院三十三間堂宝蔵に納めた「六道絵」の一部と考えられる。岡山県の河本家に伝来し、詞書は失われている。

10枚継ぎの料紙に欲色餓鬼、伺嬰児餓鬼、羅刹餓鬼、食糞餓鬼、疾行餓鬼、曠野餓鬼、食火餓鬼、塚間餓鬼、食吐餓鬼、食水餓鬼などの諸餓鬼を描く。

京都国立博物館蔵本[編集]

盂蘭盆経」に基づき目連尊者が餓鬼道に堕ちた母を救う物語、阿難尊者に施餓鬼供養を習った僧が焔口餓鬼を救う物語、が恒河畔の五百の食水餓鬼を救う物語などを生き生きと描く。

こちらも後白河法皇が蓮華王院三十三間堂の宝蔵に収めた「六道絵」の一部と考えられる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]