韻脚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

verse(韻文)における脚(foot)は、韻脚(いんきゃく)、詩脚(しきゃく)あるいは音歩と訳され、詩のrhythm(リズム、律動)の基本単位として、多くのmeter(韻律、格調)に用いられる。

例えば「Shall I compare thee to a summer's day?」(ウィリアム・シェイクスピア『Sonnet 18』)は、5つの韻脚から成っている。(「//」は韻脚の区切りで、太字は強いアクセント)。

  • Shall I // com-pare // thee to // a sum- // mer's day?

韻脚は特定の数の音節から成り、それは複数の言葉から成る場合(Shall I)も1語だけで成る場合(com-pare)もある。また、語が韻脚をまたいでもよい(sum- ・ mer's)。

多くの英語詩やドイツ語詩ではアクセントの強・弱(揚・抑)で韻律をつけるが、ギリシャ語ラテン語で書かれた古典詩は音量(quantity)つまり母音の長・短でつける。

韻脚の種類[編集]

以下のリストは音節の数ごとに分類された韻脚の種類で、名称は古典詩の韻律学によって付けられた名前である。

英語詩ならびにドイツ語詩で最も一般的なものは、アイアンブトロキーダクティルアナペストである。

2音節(Disyllables)[編集]

u = 短・ - = 長/古典詩/英語詩

u u ピュリキオス(短短格) pyrrhic(ピリック、弱弱格)
u - イアンボス(短長格) iamb(アイアンブ、弱強格)
- u トロカイオス(長短格) trochee(トロキー、強弱格)
- - スポンデイオス(長長格) spondee(スポンデー, 強強格)

3音節(Trisyllables)[編集]

u = 短・ - = 長/古典詩/英語詩

u u u トリブラキュス(短短短格) tribrach(弱弱弱格)
- u u ダクテュロス(長短短格) dactyl(ダクティル、強弱弱格)
u - u アンピブラキュス(短長短格) amphibrach(弱強弱格)
u u - アナパイストス(短短長格) anapest,(アナペスト、弱弱強格)
u - - バッケイオス(短長長格)
- - u 逆バッケイオス(長長短格)
- u - クレティコス(長短長格)
- - - モロッソス(長長長格) Molossus(強強強格。稀に)
  • 英語詩のダクティル(強弱弱格)の例 - This is the for-est prim-ev-al. The mur-muring pines and the hemlocks(ロングフェロー『ユヴァンジェリン』)
  • 英語詩のアナペスト(弱弱強格)の例 - The Assyrian came down like a wolf on the foldジョージ・ゴードン・バイロン『ゼンナケリブの破滅』)

4音節(Tetrasyllables)[編集]

u = 短・ - = 長/古典詩/英語詩

u u u u プロケレウスマティコス(短短短短格)
- u u u パイアン1(長短短短格)
u - u u パイアン2(短長短短格)
u u - u パイアン3(短短長短格)
u u u - パイアン4(短短短長格)
- - u u イオニアmajor(長長短短格)
u u - - イオニアminor(短短長長格)
- u - u ditrochaios(長短長短格)
u - u - diiambos(短長短長格)
- u u - コリアンボス(長短短長格) choriamb(強弱弱強格)
u - - u antispast, Antispastos(短長長短格)
u - - - エピトリトス1(短長長長格)
- u - - エピトリトス2(長短長長格)
- - u - エピトリトス3(長長短長格)
- - - u エピトリトス4(長長長短格)
- - - - dispondeios(長長長長格)
  • アリストテレスによると、パイアンはトラシュマコス以降、弁論家たちによって使われだし、弁論に向いていて、とくにパイアン1は文のはじめに、パイアン4は文の終わりに使うのがふさわしいと述べている[1]

5音節[編集]

u = 短・ - = 長/古典詩

u - - u - dochmios(短長長短長格)
- u u - u Adonius, Adoneus(長短短長短格)

脚注[編集]

  1. ^ アリストテレス『弁論術』1409a

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • アリストテレス『弁論術』訳・戸塚七郎(岩波文庫)