電磁鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電磁鋼(でんじこう、electrical steel、magnetic steel)とは、電気エネルギー磁気エネルギーの変換効率が高いである。1900年にイギリスのハドフィールドが発見した。構造鉄鋼に求められる一般的な性質は強度・耐食性・加工性などである。しかし電磁鋼に求められる性質は低い鉄損である。この意味で、電磁鋼は特殊な鋼と言える。

主に発電所発電機変電所変圧器モーターの鉄芯に使われる。近年ではハイブリッドカーのモーターの鉄芯に採用され、ハイブリッドカーの性能を左右する重要な部品の一つとなっている。

電磁鋼は主にケイ素を添加することによって製造できる(ケイ素鋼)。ケイ素添加量が増すごとに鉄損が低下する。しかしケイ素を添加しすぎると鋼が割れやすくなるので、実用的な電磁鋼のケイ素添加量は約4%までである。しかしこのケイ素添加量や添加工程、またケイ素を使わない電磁鋼もある。これらの製造ノウハウは各鉄鋼メーカーが独自に持っており、内容は社外秘扱いとなっている(製鉄所によっては機密保持のため、従業員であっても製鉄所の入構許可証とは別に、生産ラインの入構許可証がないと電磁鋼生産ラインに入れない)。よって具体的な添加量や製造法は各メーカーにより異なり公表もされていない。上記の添加量は参考までにとどめておく必要がある。

種類[編集]

電磁鋼は、一般的に無方向性鋼板方向性鋼板の2種類が使われている:

無方向性鋼板
鋼板の特定の方向に偏って磁化しないようにした鋼板。結晶軸の方向がランダムになるように調整して作成する。主にモーターの鉄芯や発電機に使われる。
方向性鋼板
鋼板の一方的な方向のみに磁化しやすくなるようにした鋼板である。結晶を圧延方向に一方的に整列させるように調整して作成する。主に変圧器に使われる。

関連項目[編集]