電子式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電子式(electronic (formula))とは、元素記号の周りに価電子の数だけ、点をつけた式をいい、化学式の一種である。ルイスが考案した[1]ので、ルイス構造式(Lewis structure)ともいう。いくつかの例を挙げておく。ただし、書けないので、元素の上と下の点は省略している。

窒素N2
 :N:::N:
二酸化炭素CO2
O::C::O
次亜臭素酸イオンBrO-
[:Br:O:]-
電子式の書き方
  1. 価電子の総数を求める。
  2. 原子を配置する。
  3. 原子間に電子対を配置する。
  4. 周辺原子のオクテットを完成させる。(例1)ただし、次の3つの例外がある。
    1. 電子が奇数のとき(例2)
    2. オクテット(閉殻、8個)より少ない(例:三フッ化ホウ素)
    3. 価電子が8個以上あるとき(例:硫酸カルシウム亜硫酸カルシウム六フッ化硫黄など、例3)

例1:

アジ化物イオンN3- (窒化物イオンN3+ではない、上下の点は省略している。)
[N=N=N]-≡[N≡N-N:]-⇔[:N-N≡N]-

例2:

酸素イオンO2(右の酸素の下の点は一つである。)
[:O-O:]-
一酸化窒素NO(左の窒素は上の点だけを省略している。)
·N=O

例3:

三ヨウ化物イオンI3(真ん中のヨウ素の上には二組の点がある。)
 :I-I-I:

脚注[編集]

  1. ^ 論拠:Dickerson, Richard E; Gray, Harry B; Haight, Gilbert P.(1979年)「Chapter 11 Lewis Structures and the VSEPR Method」『Chemical principles』(第3版)The Benjamin/Cummings(カリフォルニア州メンロー・パーク)、ISBN 9780805323986、400頁目、2010年8月17日閲覧。