銭大キン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「銭大昕」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
錢大昕

銭 大昕(せん たいきん、1728年1804年)は、中国代中期の考証学者は暁徴あるいは辛眉、号は竹汀である。

略伝[編集]

江蘇省嘉定県の出身。蘇州の紫陽学院に学び、1751年乾隆帝南巡にあたり、召試によって挙人を賜り、内閣中書に任用される。1754年進士となり、翰林院の官を歴任して事府小事まで出世する。その間、郷試の主考官、会試の同考官をたびたび務めた。1775年、広東学政の任にあたるが、父の喪にあって帰郷したまま引退し、没するまでの30年間、鍾山・婁東の書院と紫陽書院に継続して院長を務め、後進を育成した。

学問[編集]

若い頃に西洋の数学・天文学を学んで中国古代の暦算学を研究した『三統術衍』を著し、その他に哲学・経学・史学・地理・文字音韻・金石・詩文の諸分野に精通したばかりでなく、官界生活を清廉潔白に過ごし早くに帰郷したことを、阮元が九つの難事を成し遂げた人として称えている。翰林院在職中は『続文献通考』『大清一統志』をはじめとして多くの勅撰書の編集を任されていることは、その造詣の深さを示す。恵棟があまりに古代に執着した弊害と、戴震の史学的視野を欠くことを意識し、それらの欠点を絶えず補正していた。『二十二史考異(二十二史攷異)』『潜研堂金石文跋尾』は清朝史学の方法を確立。『詩集』20巻により詩人としても知られた。『潜研堂全書』に著述が集成されている。