連邦選挙管理局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Elections Canada
Élections Canada
組織の概要
設立年月日 1920
管轄 カナダの連邦選挙
本部所在地 257 Slater Street, Ottawa, Ontario
人員 330 (常勤) から 160,000 (選挙時)[1]
年間予算 $110,501,000 (2008出費予測)[2]
行政官 Marc Mayrand(カナダ選挙管理局長 (Chief Electoral Officer of Canada
ウェブサイト

連邦選挙管理局(英: Elections Canada 仏: Élections Canada)は、カナダ議会に直接報告する、独立した、非政党の機関である。連邦選挙管理局は、カナダ人が、開かれた公平なプロセスを経た連邦選挙 (federal elections住民投票で、自分の選択を実行できることを、担保する責任がある。また、カナダの連邦規模の選挙運営に責任がある唯一の機関であり、ユーコン準州ノースウエスト準州での州規模の選挙も運営している。

任務[編集]

連邦選挙管理局の責任には以下のことが含まれる:

  • 全ての選挙民が、選挙システムにつながっているか確認する
  • 市民に選挙システムについて情報を伝達する
  • 全国選挙民登録データベースを維持管理する
  • 選挙法の実施
  • 選挙区の地図を作る
  • 政党、選挙区の協会、その他選挙宣伝に関わる第三者機関の登録
  • 登録された政党への手当て支給
  • 候補者、政党、第三者機関による選挙での出費を監視する
  • 政党、選挙区の協会、候補者、任命選挙出馬者(nomination contestants)、党首選挙出馬者(leadership contestants)、第三者機関に関する財務情報を出版する
  • 連邦規模の選挙区 (electoral district (Canada)の境界線を10年毎に調整する責任のある、独立した委員会を支援する
  • カナダ議会に、選挙や住民投票の運営について報告する

庶民院は、機関の長であるカナダ選挙管理局長 (Chief Electoral Officer of Canadaを任命する。 選挙管理局長は、各選挙ごとに、カナダ選挙法(Canada Elections Act)を確認する委員長を任命していく。また、選挙期間中に有料、無料放送時間を割り当てる放送調停役(Broadcasting Arbitrator)を任命する。 選挙管理局長は、局長代理、法律顧問弁護団長(Chief Legal Counsel)、5つの幹部理事会を代表する330人ほどのうちの1人から、出向で来ている。選挙期間中のスタッフ数は、選挙管理局の本部は600人に増え、全国では、ほぼ190,000人になる。

出典[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]