連続帳票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
印字をした連続帳票
1枚だけ切り離した連続帳票

連続帳票(れんぞくちょうひょう)とはコンピュータプリンターで使われる連続した専用の用紙の一つである。

一般的には、LP用紙連続用紙(continuous paper)[1]フォーム用紙[2]ファンフォールド紙(fanfold paper)[1]などとも呼ばれている。またレーザープリンターの連続帳票は、NIP紙(Non Impact Printer用紙)[3]とも呼ばれている。

概要[編集]

読んで字のごとく連続した用紙が続いているものであり、切断が可能なミシン目を折り目として折りたたまれている[4]。両サイドにスプロケットホールと呼ばれる穴が等間隔に開いており、プリンターのトラクターフィーダ[5]に噛み合わせて用紙送りをする。流通単位は箱である。

ラインプリンタシリアルプリンタなどで利用されてきたが、現在は主に高速のレーザープリンタ等で使用されている。

近年では、定期的に送られる明細書など多量印刷を必要とする物に使用されている。この他、複写用紙が出来るため、運送会社の伝票など現在でも用途は広い。

一般的にはインチ単位でサイズが決まっているが、一定の大きさに裁断する装置もあり、A4判用紙などを扱えるものも存在する。

従来、LP用紙と呼ばれていたものはラインプリンターが高速のレーザープリンターに置き換わっていったため余り使用されなくなった。

連続帳票に対して、切り離されている用紙を単票(カット紙[6])と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ a b 連続用紙とは - IT用語辞典バイナリ(Weblio
  2. ^ フォーム用紙 - コトバンク(世界大百科事典)
  3. ^ NIP - 伝票印刷用語集(福井しすてむさーびす)
  4. ^ ファンフォールド(fanfold)紙の由来は、折りたたんでいる様子を扇子(fan)に見立てたもの(連続用紙とは - IT用語辞典バイナリ)
  5. ^ トラクタフィーダとは - IT用語辞典バイナリ(Weblio)
  6. ^ 「カット紙」とは:パソコン関連用語の意味・解説 - 日経BP PC Onlin(日経パソコン用語事典2008)

関連項目[編集]