軸椎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨: 軸椎
C2 lateral.png
軸椎は頸椎の上から二番目の骨。赤色で示す
Gray87.png
上方より見た軸椎
名称
日本語 軸椎
英語 axis
関連構造
上位構造 脊椎
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Axis
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

軸椎(じくつい、axisまたはepistropheus)は椎骨のうち上から二番目にある、第二頚椎のこと[1]。Cervix(頚部のラテン名、頚椎はVertebra cervicalisという)の二番目のため、C2と略して呼ばれる。環椎(第一頚椎)との間にある環軸関節は体軸に垂直な回転軸を形成し、頭部を回旋させる働きを持つ。軸椎の最も際立った特徴は、椎体上面から垂直に伸びる歯突起の存在である。

椎体[編集]

軸椎の椎体は前方に向かうにつれて厚みを増し、前下方に伸びて第三頚椎の前面に重なる。前面の正中には縦に隆起がはしり、その両側の陥凹に頚長筋が付着する。下面は前後では凸、左右では凹面となっている。

歯突起[編集]

歯突起(densまたはodontoid process)は椎体上面に付着する起始部がややくびれており、その上方には前面に前関節面があり環椎の歯突起窩と接する[1]。後面には後関節面があり、環椎横靱帯と接する[1]。歯突起は本来環椎の椎体として発生するが、途中で軸椎の椎体と癒着してその一部となったものである[1]。この歯突起があるため、軸椎は後上方から眺めると人が結跏趺坐している姿に見える。日本で火葬後の収骨の際に「のど仏」とされるのは、実は軸椎のことである(生体でのど仏と呼ばれるのは甲状軟骨で、これは軟骨であるため火葬後には残らない)。

その他の特徴[編集]

椎弓根(椎弓のうち椎体と横突起の間の部分)は、特に前方が丈夫で広がっており、椎体および歯突起の根部と 癒合している。

椎弓板(椎弓のうち横突起より後方、棘突起までの部分)も厚く[2]丈夫である。椎孔(中央の脊髄が貫通する孔)は大きいが、環椎のそれよりは小さめである。

左右の横突起は他の椎体に比べてかなり小さく、尖端には他の頚椎と異なり結節がひとつしかない。また他の頚椎と同様に横突孔椎骨動脈が通る孔)があいていて斜め上方および外側を向いている。

上関節面は円形でやや凸面であり、上外側を向いている。上関節面は椎体、椎弓根および横突起と接している。下関節面は他の頚椎とほぼ同じである。

上椎切痕(椎弓根の上部にある切れ込み)は非常に浅く、他の頚椎と異なって上関節突起(上関節面にある隆起)の後ろにある。一方下椎切痕は他の頸椎と同様に下関節突起の前にある[2]

棘突起は大きくて上部であり[2]、下面が深く切れ込んでいる。尖端は二分していて[2]それぞれに結節を持つ。

追加画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 森ら, p.32
  2. ^ a b c d 森ら, p.33

参考文献[編集]