頸長筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
頸長筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 頸神経叢
      腕神経叢
部位
体幹筋
頸部の筋
後頸筋
深頸筋
椎前筋
ラテン名
m. longus coli
英名
longus coli muscle

頸長筋(けいちょうきん)は頸部の筋肉のうち、頸椎に沿うように前方に存在する筋肉である。上斜部垂直部下斜部の三部に分けられる。頸部を前屈させる作用を持つ。

頸長筋の起始は、上斜部において第3~第5頸椎の横突起、垂直部において第5頸椎~第7頸椎と第1胸椎~第3胸椎の椎体、下斜部において第1胸椎~第3胸椎の椎体である。

頸長筋の停止は、上斜部において環椎の前結節、垂直部において第2~第4頸椎の椎体、下斜部において第6~第7頸椎の横突起である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]