諸青来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
諸青来
Zhu Qinglai.JPG
写真週報』1940年4月3日号
プロフィール
出生: 1881年光緒7年)
死去: 不詳
出身地: 清の旗 松江府上海県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 諸青來
簡体字 诸青来
拼音 Zhū Qīnglái
注音符号 ㄓㄨ ㄑ|ㄥ ㄌㄞˊ
和名表記: しょ せいらい
発音転記: ヂュー チンライ
ラテン字 Chu Ch'ing-lai
テンプレートを表示

諸 青来(しょ せいらい)は、中華民国の政治家。南京国民政府(汪兆銘政権)の要人。名はだが、号の青来で知られる。祖籍は浙江省紹興市

事跡[編集]

清末に日本に留学し、商工や経済を学んだ。帰国後は、清朝の農商部・財政部に任官する。後に、上海で神州大学を創設し、総務長となる。また、雑誌『銀行周報』編輯となり、上海大夏大学・持志大学・光華大学・中国公学で教授をつとめた。1934年民国23年)、中国国家社会党に加入する。1937年(民国26年)の日中戦争(抗日戦争)勃発後は、上海の雑誌『新学識』において、国共合作反対の主張を展開した。

1940年(民国29年)3月、汪兆銘(汪精衛)の南京国民政府に加入した。(汪派)中国国民党中央政治委員と交通部部長を兼任している。翌年8月、全国経済委員会常務委員兼水利委員会委員長となる。1943年(民国31年)8月、立法院副院長に任命された。

日本敗北後の諸青来の消息は不明である。

参考文献[編集]

 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(創設)
交通部長
1940年3月 - 1941年8月
次代:
丁黙邨