虚無主義 (倫理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

倫理学でいう虚無主義(きょむしゅぎ、: Moral nihilism)は、正邪善悪道徳倫理(規範)といったものは存在せず、倫理命題には真偽が存在しないとする立場である。絶対主義相対主義と対立する。また、同じような立場の思想にニヒリズムがある。

プラトーンの『国家』に出てくるソフィストであるトラスュマコス (Θρασύμαχος) の態度が虚無主義に近い。また情動主義は「○○が正しい」という文は感情的な主張を意味するという説を唱える立場で、倫理そのものを否定する虚無主義とは異なる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]