茎乳突孔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
頭蓋底の断面図
ピンクで囲んだ部分は側頭骨の断面、黒色のまるで囲んだ部分が茎乳突孔
左側頭骨の下面
図の左下から三番目のStylomastoid foramenが茎乳突孔

茎乳突孔(けいにゅうとつこう、stylomastoid foramen)は、側頭骨茎状突起乳様突起の間に位置する孔のこと。顔面神経管の出口であり、顔面神経および茎乳動脈がここを通る。

臨床関連[編集]

ベル麻痺は、顔面神経が茎乳突孔で側頭骨から出る部位の炎症によって起きる。ベル麻痺の患者では、麻痺側の顔が下垂したような表情となる。