興教寺 (西安市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
興教寺の仏塔

興教寺(こうきょうじ)は、中華人民共和国陝西省西安市の南郊20kmの長安区少陵原にある仏教寺院である。

概要[編集]

玄奘三蔵の遺骨を保存する五層の舎利塔が寺内にある。その外、玄奘の弟子の窺基円測の舎利塔もある。

創建は669年総章2年)で、玄奘の遺骨を葬るために建てられた。664年麟徳元年)に葬られた東郊の白鹿原から樊川の風栖原に改葬したのが、当寺である。朝の樊川八大寺院の1つである。唐末黄巣の乱の際に舎利塔が破壊され、玄奘の遺骨(或いは唯だ頂骨のみという)は行方知れずとなった。

舎利塔は再び唐朝の建築によって再建されたが、朝の同治年間に被災し、中華民国時代に再建された。

座標: 北緯34度05分29秒 東経109度02分02秒 / 北緯34.09139度 東経109.03389度 / 34.09139; 109.03389