耳管開放症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
耳管開放症のデータ
ICD-10 H69.0
統計
世界の有病者数
日本の患者数
学会
日本 日本耳鼻咽喉科学会
世界
この記事はウィキプロジェクト雛形を用いています
耳の模式図
1:頭蓋骨 2:外耳道 3:耳介 4:鼓膜 5:卵円孔 6:ツチ骨 7:キヌタ骨 8:アブミ骨 9:前庭 10:蝸牛 11:聴神経 12:耳管

耳管開放症(じかんかいほうしょう、英: Patulous Eustachian tube)とは、通常は閉鎖されている耳管が開放されたままの状態になり、耳閉感自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)などの症状を引き起こす疾患である。

定義(概念)[編集]

耳管鼻咽腔中耳腔をつないでいる管で、大気中耳腔の圧調整を行っている。嚥下運動を行うと耳管が短時間開放する。耳管開放症はジャーゴによって1867年に初めて報告された病気であり、耳管が開放されたままの状態になり症状が出る。

頻度[編集]

ゾルナー(1937)は0.3%、フィッシュバーグ(1970)は7%、ミュンカー(1980)は6.6%と報告している。小林(2005)は1%の有病率と報告している。

原因[編集]

発症機序は不明であるが、誘因として体重減少、妊娠や経口ピル、中耳炎、運動、放射線照射、顎関節症、頸部自律神経異常、吹奏楽器演奏が報告されている。

症状[編集]

耳閉感自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)、自分の呼吸音の聴取が典型的な症状であるが、ロビンソン(1989)は低音域の難聴非回転性めまいが起こる事を報告しており、耳痛、音程のずれなどの症状も起こる。前屈や仰臥位でこれらの症状が軽快消失する事がある。

検査[編集]

診断[編集]

治療[編集]

保存療法[編集]

  • 加味帰脾湯(石川 1994)
  • 生理的食塩水点鼻(シャンボー 1938)
  • 咽頭口からの薬剤噴霧、注入(ルゴール、プロタルゴール、ベゾルト末、小川液)
  • 咽頭口粘膜下への注入(コラーゲン、脂肪組織)
  • 鼓膜パッチ
  • スカーフ療法

手術[編集]

  • 経鼓膜チューブ留置
  • 耳管内腔充填(軟骨、耳管ピン、カテーテル、軟組織)
  • 人工耳管(守田 2004)

診療科[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Jago J (1870): Function of Tympanum. Brit. & For. M. -Chir. Rev. 45 :229,1870
  • Zollner I: Die klaffende Ohrtompete, Storungen dadurch und Vorschlagen zu ihrer Behebung. Z hals-Nasen-Ohren heikde 42: 287. 1937
  • Fisberg K:Middle-ear mechanics in patulous tube cases. Acta Otolaryngol Suppl 263: 18-22,1970
  • Munker G: The Patulous eustachian tube. Physiology and Pathophysiology of Eustachian tube and Middle ear. pp 113-117, Thieme, Stuttgart, 1980
  • 小林俊光:耳管閉鎖障害の臨床. 第106回耳鼻咽喉科学会総会宿題報告 ,2005
  • Robinson PJ; Hazell JW:Patulous eustachian tube syndrome: the relationship with sensorineural hearing loss. Treatment by eustachian tube diathermy.Royal Ear Hospital, London.J Laryngol Otol 103:739-742,1989
  • 石川 滋:耳管開放症に対する薬物療法の試み:耳鼻咽喉科臨床 87:1337-1347,1994
  • Shambaugh GE:Continuously open eustachian tube.Arch Otolaryngol 27:420-425,1938
  • 守田雅弘:耳管機能障害の新しい手術治療「人工耳管」開発の試み;耳管開放症、閉鎖不全での使用経験, Otol Jpn 14:497,2004

外部リンク[編集]