統合マーケティングコミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

統合マーケティングコミュニケーション(とうごう - 、Integrated Marketing Communication, IMC)とは外部環境消費者データを踏まえ、ターゲット・オーディエンスに対してブランドを統合的なメッセージでコンタクトさせ、納得してもらうトータル・マーケティング・システムである。

概要[編集]

ノースウェスタン大学のシュルツ(Don E. Schullz)等は「IMCは、消費者とブランドや企業とのすべての接点をメッセージ伝達のチャネルと考え、ターゲットの購買行動に直接影響を与えることを目的とする。・・・消費者から出発し、あらゆる手法を駆使して、説得力あるコミュニケーションを実践するプロセスである[1]。」と定義づけている。

  • IMCはメディアミックスの新手法と狭く考える場合もあり、広告取引のしくみや組織変革(横串型組織)まで含めた広い概念と広く捉える場合がある。
  • IMCのキーワード:4C、アウトサイド・イン、コンタクト・マネジメント(コンタクト・ポイント、タッチ・ポイント)、コンシューマー・インサイト、オーケストレーション、ブランド・エクイティ、ブランド・ネットワーク

IMCプランニングモデル[編集]

シュルツ等のIMCプラニングモデルを紹介すると次のようになる。

  1. 消費者から始まるので、消費者データベースを作成する。
  2. データベースはターゲット別にセグメンテーションを行う。
  3. 次に消費者にメッセージをコンタクトする時期、場所、方法を踏まえてたコンタクト・マネジメントを行う。(電通ではコンタクト・ポイント、博報堂ではタッチ・ポイントと呼んでいる)
  4. そして、コミュニケーション目標戦略を立てる。
  5. ブランド・エクイティ(資産)を算定すると同時にブランド・ネットワーク(イメージ・キーワードの連鎖)を作成する。
  6. マーケティング目標を明確にし、マーケティングミックスのツール(ローターボーンの4C)を検討する。
  7. チャネル・コミュニケーションとコスト、特にROI分析(投資効果分析)をし、マーケティング・コミュニケーション戦術として、広告、販売促進、PRパブリシティDMを企画し、実施する。

脚注[編集]

  1. ^ Don E. Schullz, Stanley I. Tannenbaum, Robert F. Lauterborn(1993)“Integrated Marketing Communications,”NTC Business Books,a division of NTC Publishing Group.

参考文献[編集]

  • 1)Don E. Schullz, Stanley I. Tannenbaum, Robert F. Lauterborn(1993)“Integrated Marketing Communications,”NTC Business Books,a division of NTC Publishing Group.
  • 2)Larry Percy(1997)“Strategies for Implementing Integrated Marketing Communications,”American Marketing Association, NTC Business Books.

関連項目[編集]