終止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

終止(しゅうし)とは、音楽用語で、音楽の段落の終わりのことである。楽節と呼ばれる、おおむね4小節から8小節の長さのまとまりの終わりには、この終止が置かれる。終止とはいうものの、その終止感の大きさはさまざまであり、曲の終わる感じはしないが、少し区切りを感じる、というものも含まれる。なお、一般に終止形の語は、日本語では別の概念である。

※以下の例は、全てハ長調であることを前提とする。

完全終止[編集]

Vの和音(ソ・シ・レ)またはその派生和音(V7など)からIの和音(ド・ミ・ソ)に移行して終止し、旋律が主音(ド)で終わるもの。両方の和音はいずれも転回形でない。完全な終止感が得られ、古典的な楽曲の最後に用いられる。また、大きな段落の終わりに用いられる。

不完全終止[編集]

不完全終止

Vの和音(ソ・シ・レ)またはその派生和音(V7など)からIの和音(ド・ミ・ソ)に移行して終止するが、どちらかまたは両方の和音が転回形であるか、旋律が主音(ド)で終わらないもの。完全な終止感が得られないため、古典的な楽曲の最後には用いられない。ある程度の終止感は欲しいが、継続する感じも必要な場合に使われる。

偽終止[編集]

偽終止の一例

V の和音(ソ・シ・レ)またはその派生和音(V7 など)からI以外の和音(典型的にはIIm(レ・ファ・ラ)、VIm(ラ・ド・ミ)、VI(ラ・♯ド・ミ))に進行して終始するもの。浮遊感を呼び起こすため弱い終止だとされる。聞く人に意外な印象を与えるので、偽終止の名がある。本来楽曲の終わりであるはずの所に、さらに曲を続けたいような場合に用いられることが多い。

とりわけ有名な例ではヨハン・ゼバスティアン・バッハの「パッサカリアとフーガ ハ短調」 (BWV582) のコーダにおいての使用である。聴衆にIの和音への解決を期待させながら、印象的なフェルマータで聴衆を完全に煙に巻き、DM の第一転回形(II - ナポリの六度)へ偽終止させている。意味深長なポーズに続いて、「本当の」エンディングが始まるのである。

アーメン終止(変終止)[編集]

アーメン終止

IVの和音(ファ・ラ・ド)などからIの和音(ド・ミ・ソ)に移行して終止するもの。サブドミナントからトニックに至るため、全終止と比べやや柔らかい印象を与える。あまり十分な終止感を与えないが、古典的な楽曲の最後の用いられることがある。この場合、完全終止の後にさらにアーメン終止を付け足すこともよく行われる。賛美歌の最後の「アーメン」がこの和音で歌われることが多いことから、この名がある。変格終止、変終止、プラガル終止とも言う。これに対し、完全終止、不完全終止、偽終止を正格終止と呼ぶ。

ショパンドビュッシーが多用した。

半終止[編集]

半終止

Vの和音(ソ・シ・レ)で終止するもの。ある程度の区切り感はあるが、終止感は全くない。小さな段落の終わりに用いられる。稀に下属和音であるIVの和音(ファ・ラ・ド)で終止することもある。これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。

女性終止[編集]

女性終止

弱拍で終止するものを特に女性終止と呼ぶことがある。

関連項目[編集]