算盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

算盤(さんばん)とは中国数学や和算において、算木(算籌)を用いて計算する際に使用される盤のことである。製の板もしくはでつくられることが多い。

解説[編集]

算盤は位取りに便利なように面全体に格子線が描かれ、いくつかの方形が整然と並んで方眼状を呈しており算木をそのうえで約束にしたがって動かし計算するものである。

また、「万」「千」「百」「十」「一」「分」「厘」などのように、あらかじめの記されたものもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]