笑う男 (ヘニング・マンケル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
笑う男
Mannen som log
著者 ヘニング・マンケル
訳者 柳沢由実子
発行日 スウェーデンの旗 1994年
日本の旗 2005年9月30日
発行元 スウェーデンの旗
日本の旗 創元推理文庫
ジャンル 警察小説ミステリー
スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 日本語
形態 文庫
ページ数 542
前作 白い雌ライオン
次作 目くらましの道
コード ISBN 4-488-20905-X
テンプレートを表示

笑う男』(わらうおとこ、Mannen som log)は、ヘニング・マンケル著によるスウェーデン警察小説クルト・ヴァランダー・シリーズ」の第4作[1]である。

あらすじ[編集]

1993年10月、前回の事件の後遺症が癒えずデンマークのスカーゲン(Skagen)で療養中のクルト・ヴァランダーの元を友人で弁護士のステン・トーステンソンが訪ねてきた。用件はイースタッド[2]警察により交通事故死と判断された父親の件を再捜査して欲しいというものであったが警察を辞める決意を固めていたヴァランダーはこれを断った。

11月1日の休暇明け最後の出勤日となるはずの朝、ヴァランダーは朝刊の死亡欄にステン・トーステンソンの名を見付けた。同僚に電話で事情を訊くとトーステンソンは事務所に居たところを何者かに射殺されたということであった。この日、ヴァランダーは出署すると勤務に戻った。

ヴァランダーが自動車事故の再調査を開始しグスタフ・トーステンソンの身辺調査を行っていると、トーステンソン法律事務所の秘書ベルタ・ドゥネールから何者かが自宅の裏庭に侵入した形跡があるとの連絡が入った。ヴァランダーが駆けつけると裏庭には地雷が仕掛けられていた。

登場人物[編集]

クルト・ヴァランダー
イースタッド警察、警部
アン=ブリッド・フーグルンド
イースタッド警察、新任刑事
スヴェードベリ
イースタッド警察、刑事
マーテインソン
イースタッド警察、刑事
ビュルク
イースタッド警察、署長
ステン・トーステンソン
ヴァランダーの友人、弁護士
グスタフ・トーステンソン
ステンの父親、弁護士
ベルタ・ドゥネール
トーステンソン法律事務所の秘書
アルフレッド・ハーデルベリ
実業家、トーステンソンの顧客

脚注[編集]

  1. ^ この作品群は個々の作品が独立しており「続き物」では無い
  2. ^ 本作品中では「イースタ」と表記