福田勝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福田 勝治(ふくだ かつじ、1899年1月17日 - 1991年12月26日)は、日本の戦前戦後を通じた写真家。女性を中心とした人物写真に長ける。

山口県出身。

当初、欧米のモダニズムに影響を受け、広告写真を中心に制作していたが、その後、戦後にかけて、女性写真(ヌード写真を含む)を多く撮影し、福田スタイルとも言うべき、特徴のあるスタイルを作り上げた。

1936年には「女の写し方」という写真撮影技法に関する連載を「アサヒカメラ」誌上で行った。これはのちに、書籍としてまとめられた。

高千穂製作所(現オリンパス)に勤務していた時期もある。

主要な展覧会[編集]

主要著書・写真集[編集]

  • 現像の実際(アサヒカメラ叢書第14、東京朝日新聞社、1937年)
  • 女の写し方(アルス、1937年)
  • 春の写真術(アルス、1938年)
  • 私の写真集(アルス、1938年)
  • 女の写し方. 続(アルス、1939年)
  • 静物写真の作り方(アルス写真文庫第18、アルス、1939年)
  • 牛飼ふ小学校(玄光社、1941年)
  • 銀座(玄光社、1941年)
  • 出発(光画社、1942年)
  • 神宮外苑(日本写真工芸社、1942年)
  • Modern Photography in Japan 1915-1940, Ryuichi Kaneko(金子隆一), Norihiko Matsumoto(松本徳彦), Deborah Klochko, Friends of Photography Bookstore, 2001, ISBN; 0933286740 (978-0933286740)

関連項目[編集]