祖沖之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

祖 沖之(そ ちゅうし、429年 - 500年)は、中国、南北朝時代南朝の天文学者、数学者、発明家。祖 冲之とも。字は文遠、范陽遒(現河北省淶水)の人。祖父は戦乱を避けるために河北から江南へ移っており、祖沖之は建康(現在の南京市)で生まれ、若いころから数学の天才として知られた。円周率の計算や大明暦の編纂で知られる。

数学[編集]

円周率πの値を 3.1415926 と 3.1415927 の間であると推算し[1]、その密率を 355/113 と決め、近似値(約率)を 22/7 とした。彼には『綴術』という数学の著作があったことが知られているが、現在に伝わっていない。なお彼の息子、祖暅(Zu geng, そこう、「こう」は「日+恒」)も数学者であり、半径 r の球の体積が \frac{4}{3}\pi r^{3}で求められることを考え出したことで知られる。

[編集]

また歳差の効果を考慮した新暦、大明暦を作ったが、この暦法は彼の死後、息子の努力によって作成後50年を経ての官暦に採用された。

発明[編集]

指南車を改良し、千里船水碓磨などの機械を設計した技術者でもある。また南斉では『安辺論』という著作を書き、屯田を勧めている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]