硝酸グアニジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硝酸グアニジン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 506-93-4
PubChem 10481
EINECS 208-060-1
特性
化学式 CH6N4O3
外観 White solid
密度 1.436 g/cm3
融点

213 °C, 486 K, 415 °F

への溶解度 CH6N4O3
危険性
MSDS MSDS
EU分類 酸化剤(O)
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
2
4
Rフレーズ R20 R21 R22 R36 R38
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硝酸グアニジン(しょうさんグアニジン、Guanidine nitrate)は、ガスジェネレータ固体ロケットの燃料・推進剤に使用される高エネルギー燃料である。化学式はCH6N4O3、構造はH2N-(C=NH)-NH2・HNO3。

爆速は4495m/s(0.8)、トラウズル値は43。アルコールに可溶で、急激な加熱や衝撃により爆発する。消防法第2条第7項及び別表第一第5類10号、危険物の規制に関する政令第1条により危険物第5類に指定されている。

用途[編集]

混合爆薬の成分,ニトログアニジンの原料、高級窒素肥料としても研究された事がある

製法[編集]

ジシアンジアミド硝酸アンモニウムを混合融解させる
HN=CNH2-NH-CN+2NH4NO3→2HN=CNH2-NH2・HNO3

関連項目[編集]