石基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石基(せっき、matrixもしくはgroundmass)とは、岩石で細粒が固まって大きな粒を形成した、水晶砕屑岩を含むものである。

火成岩の石基はさらに微小な粒を含み、石英の斑晶Phenocryst)が含まれている。この斑岩の模様はマグマが多段階に冷えていくことの指標である。例えば、斑岩の中の安山岩は細粒の石基の中に斜長石Plagioclase)の大きな斑晶を持つ。南アフリカでも風化した粘土キンバーライト)を鉱床にもつダイヤモンドが採掘される。この鉱山はイエローグラウンドと呼ばれている。

堆積岩の石基も粘土やシルトのように粒が細かく、より大きな粒や破片岩が含まれている。またそれは岩石に化石が含まれているか調べることにも使われる。