男として死ぬ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男として死ぬ
Morrer Como Um Homem
監督 ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
脚本 ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
フイ・カタラン
製作 マリア・ジョアン・シガーリョ
出演者 フェルナンド・サントス
撮影 フイ・ポーサス
編集 フイ・モウラン
ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
製作会社 Rosa Filmes
Ad Vitam Production
配給 ポルトガルの旗 Zon Lusomundo Audiovisuais
フランスの旗 Epicentre Films
公開 ポルトガルの旗 2009年10月15日
フランスの旗 2010年4月28日
上映時間 134分
製作国 ポルトガルの旗 ポルトガル
フランスの旗 フランス
言語 ポルトガル語
ドイツ語
英語
テンプレートを表示

男として死ぬ』(おとことしてしぬ、Morrer Como Um Homem)は2009年ポルトガルドラマ映画。2010年のブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭において最優秀作品賞を受賞している[1]

日本では劇場未公開で、スカパー!で放送されたのみであったが[1]、回顧展上映の形で2013年に各地で劇場公開された[2]

ストーリー[編集]

ポルトガルの首都リスボンで暮らす中年ドラァグクイーンが、息子や恋人、友人など、周囲の人々との交流の中で、病によって死を迎え、最期は「男として死ぬ」までを描く。

キャスト[編集]

  • トニア - フェルナンド・サントス: 中年ドラァグクイーン
  • ロザリオ - アレクサンデル・ダヴィッド: トニアの同棲中の恋人。薬物依存症
  • マリア・バッカー - ゴンサーロ・フェレイラ・デ・アルメイダ: 森の中で隠遁生活を送る謎めいた女装の男性。
  • ゼ・マリア - チャンドラ・マラティッチ: トニアの息子。父であるトニアを嫌う。
  • イレーネ - シンディ・スクラッチ: トニアの親友。

その他[編集]

第83回アカデミー賞外国語映画賞に出品されたが落選している。

フランスの映画批評誌カイエ・デュ・シネマ誌による2009年の年間ベストテンに選出されている[2]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]