田村榮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田村 榮(たむら さかえ、Sakae TAMURA、1906年(明治39年)9月17日 - 1987年(昭和62年)7月22日)とは、主として日本戦前期に活躍した、芸術写真系統の写真家写真編集者写真評論家である。

人物・来歴[編集]

滋賀県生まれ。

1928年(昭和3年)、東京写真専門学校の卒業後、オリエンタル写真工業(現在のサイバーグラフィックス)に入社した。宣伝部に所属し、のちフォトタイムス編集部へ。

日本光画協会のメンバーとして写真作品制作を行う。ソフトフォーカスやデフォルマシオンを用いた、抒情性豊かな女性像の作品が多い。

1933年(昭和8年)から、木村専一のあとを継いで写真雑誌『フォトタイムス』の第2代(かつ最終の)編集長を務める。

新興写真研究会前衛写真協会青年報道写真研究会の、それぞれの会員でもあり、文字通りの「芸術写真」だけでなく、新興写真前衛写真報道写真などの幅広い作風を持っていた。また、特に編集長を務めた『フォトタイムス』誌上で、多くの写真評論を発表した。

田村榮の作品が含まれる展覧会[編集]

  • 米子写友会回顧展(米子市美術館、1990年(平成2年))
  • 日本近代写真の成立と展開東京都写真美術館(総合開館記念展の1つ)、1995年(平成7年))
  • 光のノスタルヂア 小関庄太郎と日本の芸術写真(福島県立美術館、2001年(平成13年))
  • 芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名作展(東京都写真美術館、2011年(平成23年))
  • 日本写真史展
  • 田村榮の大規模な個展は、2011年(平成23年)現在開催されたことがない

著作[編集]

  • 静物写真の写し方(双芸社・1952年(昭和27年))
  • 作画の第一歩(玄光社・1953年(昭和28年))

参考文献[編集]

  • 上記各展覧会の展覧会カタログ
    • そのうち「日本近代写真の成立と展開」の展覧会カタログの表紙は田村榮の作品『白い花』(1931年)
  • 日本の写真家・近代写真史を彩った人と伝記・作品集目録(東京都写真美術館・監修、編集・発行・日外アソシエーツ、2005年)255~256ページ
  • 雑誌『フォトタイムス』各号