環境政策学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

環境政策(かんきょうせいさく)は、環境問題に対する政策手段およびそれを研究する学問。環境劣化環境汚染環境破壊環境攪乱などの課題に対して、公共政策学環境法環境経済学環境工学環境教育学・国際協力学環境倫理学などの知見をベースとしながら、実際の課題について、科学の不確定要素など将来予測の不完全性を勘案した上で、現実的に、社会への変革手段としてどのような政策が打てるかを考え、あるべき未来とそこへ至る道を実現するために必要な方策を提案していくことを目的とする、問題解決型の研究、政策学の一分野および、そのような政策群のこと。

政策手法[編集]

政策手段は大きく、規制・経済的手法・情報的手法に分類される。規制的手段には様々な副作用がある場合があることが環境経済学分野の研究によって明らかになっており、経済的手法や情報的手法などのインセンティブに基づく手法の研究が進んでいる。

規制

経済的手法

情報的手法

その他

  • 科学技術研究

環境政策とアカウンタビリティ[編集]

環境政策は、"新たな制度の導入"においては、異なる価値観による将来像の乖離、そこへ至る方法における各論など、合意形成の問題を伴うことがある。また"自然再生事業"のような方法をとる場合、環境アセスメントの実施だけでなく、実施方法について合意形成を行う必要が出てくる。たとえば、国連欧州委員会のオーフス条約においては、「情報へのアクセス、ステークホルダーの意志決定への参加、訴訟制度との連動」[1]があるが、環境政策を実際に実行に移して行くには、アカウンタビリティを担保するための制度が同時に整備されていくことが望ましい。

関連[編集]

参考[編集]

  • 環境政策論(倉阪秀史
  • 公務員研修双書 環境政策(橋本道夫
  • 環境政策学 環境問題と政策体系(石坂匡身)
  • OECDレポート:日本の環境政策(OECD)
  • Environmental Policies and Instruments
  • 環境学の技法(石弘之 編)
  • 市民参加と合意形成(原科幸彦)
  • 環境経済・政策学の基礎知識(佐和隆光、環境経済・政策学会)


リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オーフス条約