限界均等化原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

限界均等化原理(げんかいきんとうかげんり、: equimarginal principle)または限界原理とは、トレードオフの関係のものを単位あたり(限界:marginal)で等しくすると、最も効率が良くなるという、ミクロ経済学の原理の1つ。新古典派経済学の核となる原理。

効用理論においては限界効用均等化原理が、環境経済学においては限界費用均等化原理が著名。

indifference map

関連項目[編集]