潭子区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台中市 潭子区
別称: 潭仔
Tanzi Township Birdview from Rongfudo Hill.jpg
聚興里龍虎斗の丘から望む潭子区市街地
地理
Tanzi TC.svg
位置 北緯24°13'
東経120°42'
面積: 25.8497 km²
各種表記
繁体字: 潭子區
日本語読み: たんし
漢語: Tànzĭ
通用: Tànzĭh
注音符号: ㄊㄢˋ ㄗˇ
片仮名転写: タンヅー
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台中市
下位行政区画: 16里299鄰
政府所在地: -
潭子区長: 簡文祥
公式サイト: 潭子区公所
情報
総人口: 104,477 人(2014年1月)
戸数: 34,245 戸(2014年1月)
郵便番号: 427
市外局番: 04
潭子区の木: -
潭子区の花: -
潭子区の鳥: -
聚興里にある国光生物科技ビル(左)と道観中枢院(右)

潭子区(たんしく)は台湾台中市市轄区

地理[編集]

歴史[編集]

潭子区の旧称は「潭子であり、1920年に「潭子庄」と改称され現在の地名となった。元来は拍宰海族の活動地域であり「阿里史社」と称されていた。当時は住人もまばらであったが、清代の康熙年間末になると漢人による入植が開始された。雍正年間には岸裡社通事の張達京著により大規模開発に着手「六館業戶」が成立し、その兄弟張達朝、張達標を初め同郷人を数多く入植させた。清初、潭子郷は諸羅県猫霧栜堡岸裡社に帰属していたが。雍正年間に彰化県が新設されると東、西堡に分割され、乾隆中期以降は栜東上、下堡と改称されながら猫霧栜東上堡轄国帰属していた。1887年、台湾省が成立すると台中地区は台湾府附郭首県と改編され、潭子区は台湾県栜東上堡に帰属することとなった。

日本による台湾統治が開始されると台中県が設置されその下に弁務署は設置された。潭子区は台中県葫蘆弁務署栜東上堡に帰属した。その後1902年に台中庁葫蘆支庁栜東上堡に、1920年7月には台中州豊原郡潭子庄と改編された。戦後は台中県豊原区潭子郷と改称され、1950年に台中県潭子郷と改編され、下部行政区域として潭秀、潭北、潭陽、瓦瑤、頭家、甘蔗、東宝、大富、大豊、栗林、嘉仁、新田、聚興の13村。を設置した。1990年9月1日に「瓦瑤村」を「福仁村」と改称し、更に2002年2月7日、「頭家村」分割し新たに「頭家東村」、「家興村」、「家福村」を設置した。2010年12月25日の台中県市合併、直轄市昇格に伴い潭子区と改称され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

  • 潭秀里
  • 潭北里
  • 潭陽里
  • 福仁里
  • 頭家東里
  • 家興里
  • 家福里
  • 甘蔗里
  • 東宝里
  • 大富里
  • 大豊里
  • 栗林里
  • 嘉仁里
  • 新田里
  • 聚興里
  • 頭家里


歴代区長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

高級中学[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 台中線 潭子駅 潭南駅(計画中)
省道 台3線

観光[編集]

関連項目[編集]