池間大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池間大橋(手前が池間島、奥が宮古島)

池間大橋(いけまおおはし)は、沖縄県宮古島市北西部に位置し宮古島池間島とを結ぶ全長1,425mの1992年2月に開通した。1995年3月に来間大橋が開通するまでは、沖縄県内最長の橋であった。

宮古島側の宮古島市平良字狩俣と池間島側の宮古島市平良字池間とを結ぶ橋で、沖縄県道230号池間大浦線の一部を成す。構造は、PC連続箱桁橋。1986年3月に着工し、総工費99億円をかけて1992年2月に開通した。全長は1,425mで、船舶の航行のため中央部が盛り上がった形状をしている。

橋自体の構造美、周囲に広がるエメラルドグリーンの海、その先に西平安名岬大神島を望む優れた景観のために、宮古島を代表する観光地のひとつとなっている。橋のたもとには、宮古島側に展望所、池間島側に売店が設けられている。また、この橋は、全日本トライアスロン宮古島大会のバイクコースの一部となっている。

暴風警報が発令され、かつ、風速が25m/秒以上になると、1時間前に事前連絡の上、通行止めとなる[1][2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯24度55分08秒 東経125度15分43秒 / 北緯24.91889度 東経125.26194度 / 24.91889; 125.26194