江頭邦雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

江頭 邦雄(えがしら くにお、1937年10月1日 - 2008年4月7日)は日本の実業家味の素代表取締役社長・会長や、経団連副会長、日本冷凍食品協会会長等を務めた。

人物[編集]

長崎県佐世保市出身。長崎県立佐世保北高等学校を経て、1962年に一橋大学経済学部を卒業し、味の素に入社。

1987年味の素取締役に就任、1997年に社長に就任、2005年に会長就任。味の素冷凍食品の分社化、油事業の分社化及びホーネンコーポレーションとの経営統合によるJ-オイルミルズ設立などを行う一方、ネスレユニリーバなどと伍していくため世界中で積極的にM&Aを進めた。2003年欧州味の素食品設立 [1]

2007年に日本経済団体連合会副会長に就任したものの、体調不良により退任。2008年膵臓癌のため東京都文京区の病院で死去[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2002年9月2日日本経済新聞
  2. ^ 2008/04/09共同通信