氷食症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

氷食症(ひょうしょくしょう)は、を無性に食べたくなる病気。 異食症と同じく原因不明である。

定義[編集]

非栄養物質を強迫的に食べたくなる病気である異食症の一種[1]。近世、冷蔵庫が普及し始めてから生まれた病気で、一日に製氷皿1皿以上食べるもの、という定義がある。

原因[編集]

原因不明である。ストレスなどによる精神疾患、または鉄欠乏性貧血、その前駆状態である「貧血がない鉄欠乏症」で氷食症が起こる事が確認されているが、原因の切り分けは出来ていない。体温を腋下と口腔内で比較したとき、口腔内が高いことから、口腔内を冷やすためではないかという説や、鉄欠乏により食嗜好が変わるという説があるが、未だ不明な点が多い。精神疾患である強迫性障害の一つとして見られることもある[1]。なお、氷を大量に食べることにより鉄分の腸管吸収が低下し、鉄欠乏を招くという逆の発想からの説もあるが、鉄剤治療に際して、氷食症合併群と非合併群の間にその治療効果・速度に差のないことから、疑問視されている。

症状[編集]

基本症状は、氷を強迫的に食べる(食べずにいられない)こと。持久力の低下、記憶力の低下、寝起き寝つきの悪さ、食欲低下などの鉄欠乏症状や、顔色不良、動悸、息切れなどの貧血症状を伴うことが多い[1]。強迫性障害による場合は、他の強迫症状(手洗い、ドアノブ拭きなど)を合併することがある。

検査[編集]

貧血・鉄欠乏の有無を検査する。瞼の裏側の色調での診断は、貧血が高度の場合でないと有効ではない。

  • 貧血のタイプ:赤血球数、血色素値、ヘマトクリットの測定。
  • 鉄欠乏の程度:血清鉄、総鉄結合能、トランスフェリン飽和度、血清フェリチン値、赤血球プロトポルフィリン/ヘム比などの測定。

診断[編集]

診察所見に特徴的なものはなく、血液検査が必要になる。測る項目とおおよその基準値は以下の通り。

  • 貧血:血色素値が正常値以下で、MCHC(=血色素値*100/ヘマトクリット)が31未満であれば、鉄欠乏性貧血が強く疑われるが、氷食症においては、貧血は必須ではない。
  • 鉄欠乏:トランスフェリン飽和度(=血清鉄*100/総鉄結合能)が16%未満、血清フェリチン値が14ng/ml未満であれば、鉄欠乏の可能性が高く、鉄剤治療をする根拠とできる。

治療[編集]

鉄剤(フェロミア)50mg錠1日1〜2回の内服で治療可能である。主な臨床症状は、氷食症も含めて1ヶ月ほどで改善するが、再発予防のためには、3〜4ヶ月間内服することが勧められる[1]。過多月経が原因の場合などは、その後も週1回程度、内服しておくとよい。鉄剤の内服による副作用として、消化器症状(吐気、便秘、下痢など)が強い場合は、鉄剤の静脈注射による治療も選択できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 甲〆慎二「氷を食べ過ぎると貧血になる?」、『日経DI』第154号2010年、 p.57、 ISSN 1347-491X

外部リンク[編集]