死体ごっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死体ごっこの光景(Planking)

死体ごっこ(したいごっこ)は、死体のまねをした写真をインターネットにアップするという遊びで、世界各地で行われている。

不慮の死亡事故を引き起こすなどして、社会問題化している国もある[1]

主なルール[編集]

  • 気をつけの姿勢で両手を伸ばし、うつぶせに寝ころび、鼻を地面につける(Planking)[2]
  • その状態の写真を撮り、Facebookなど、インターネット上にアップする。
  • 大勢での参加や公共の場所での撮影など、より困難で、または不条理であればあるほど良い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オーストラリアで流行する「死体ごっこ」、危険を顧みずに男性死亡 - ロケットニュース24 2011年5月16日
  2. ^ 必須というわけではなく、参加者のスタンスによっては、より面白い状態で写真を撮ることの方を優先している。