機械語モニタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

機械語モニタ(きかいごモニタ、: Machine code monitor, Machine language monitor)は、各種コンピュータにファームウェアないし基本的なシステムソフトウェアとして提供されるプログラムで、メモリ内容の補助記憶装置へのロード/ストアを行ったり、任意のメモリ位置の内容を参照および更新、実行するといった最低限の機能を持つ。

マイクロコンピュータホビーパソコンen:Home computer)では広く装備され、初期のそれらではROMにこれしか搭載されていないものもあり、その入出力はBASIC等のシステムから、ローレベル処理を行う際に内部的に呼び出され使用された。 その後、ROM-BASICDISK-BASICが標準装備され、使われる時代でもMONコマンド等で機械語モニタを使うことができた。 一部のクリーン設計の機種等では、本体側にはIPLしか存在せず、モニタも補助記憶装置から、読み込まれる形になっていた。

高機能な機械語モニタは、簡易デバッガとしても機能し、絶対アドレス指定方式のアセンブラ逆アセンブラの機能も備えていた。機械語モニタだけでソフトウェアをプログラミングしてしまうこともそう珍しいことではなかった。

以後のパーソナルコンピュータでは、アセンブラデバッガOSのそれぞれの充実により、機械語モニタのような低機能なインターフェイスや、処理をユーザーに要求することは少なくなった。

現代では、組み込みシステムの開発用ターゲット環境のファームウェアや、EFIのコマンド環境・Open Firmwareなど、開発目的等のローレベルにハードウェアを制御する必要がある場合に使用は限られている。