柏戸利助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柏戸 利助 相撲力士
Kashiwado Rinosuke.jpg
柏戸利助
基礎情報
四股名 柏戸 利助
本名 川浪
生年月日 天明3年(1783年)
没年月日 文政13年10月27日(1828年12月3日)
出身 陸奥国津軽郡
(現:青森県五所川原市
身長 183cm
体重 132kg
所属部屋 柏戸部屋→伊勢ノ海部屋→柏戸部屋
成績
現在の番付 引退
最高位 大関
幕内戦歴 158勝37敗7分5預16無53休(29場所)
優勝 優勝相当成績16回
データ
初土俵 1805年10月場所(二段目付出)
入幕 1811年2月場所
引退 1825年1月場所
備考
2013年7月13日現在

柏戸 利助(かしわど りすけ、天明3年(1783年) - 文政13年10月27日1828年12月3日))は、陸奥国津軽郡(現:青森県五所川原市)出身の元大相撲力士

来歴[編集]

1783年陸奥国津軽郡(現:青森県五所川原市)で生まれる。土地相撲で三役を務めていたところを勧誘されて玉垣部屋に入門、1805年1月場所で初土俵を二段目付出として踏んだ。身体の柔軟さに課題が残るものの筋骨隆々とした体格を存分に発揮して、優勝相当成績16回と谷風梶之助雷電為右エ門に次ぐ成績を残したが、全勝が一度も無いのに加え、勝率もそれほど良いものでは無かった。それでも力感溢れる豪快な相撲で玉垣額之助(4代)と競い合い、文化から文政にかけての相撲黄金時代を築き上げた。この成果が認められ、1823年五条家から玉垣額之助と共に横綱免許を授与されたが、吉田司家に遠慮して、横綱土俵入りを含めて辞退した。

よきライバル関係だった玉垣額之助が現役死(文政7年(1824年8月5日)すると、柏戸は大きなショックを受けたのか1825年1月場所では3敗7休と不本意な成績を残し、そのまま現役を引退した。引退前には二枚鑑札によって年寄・伊勢ノ海を襲名していた。

エピソード[編集]

  • 1812年11月場所に師匠で養父の柏戸宗五郎(初代)の引退を受けて、「頂(いただき)」から「柏戸」と四股名を改めたが、1813年に師匠が現役時代の四股名だった「柏戸」として勧進元を務めたため、現役と年寄の両方に「柏戸」の名が載る珍しい事態となった。
  • 柏戸が没してから約70年後の1900年、柏戸の生家の隣でのちに「昭和の名大関」と称される清水川元吉が誕生する。

主な成績[編集]

  • 通算幕内成績:158勝37敗7分5預16無53休 勝率.810
  • 幕内在位:29場所

関連項目[編集]