林榴岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

林 榴岡(はやし りゅうこう、天和元年(1681年) - 宝暦8年11月11日1758年12月11日))は、江戸時代中期の朱子学儒学者林鳳岡の子、林家の4代目。榴岡はで、名は信充(のぶみつ)。は士厚。通称七三郎。別号に復軒、快堂など。子に林鳳池林鳳谷(林家5代)など。

略歴[編集]

享保8年(1723年)、大学頭となり、翌年林家4代を継ぐ。寛保3年(1743年)、徳川家治の侍講となった。

江戸麹町八重洲河岸に屋敷を構えていたが、宝暦6年(1756年11月23日、自邸より出火、大名小路・数奇屋町・木挽町まで焼失、さらに築地より出火、西本願寺地内十五ヵ寺・小田原町まで焼失、さらに青山権太原六道の辻より出火、三田辺りまで焼失、最初に出火したのが信充であったことから大学火事と呼ばれた。

編著書[編集]

  • 「馴象編」
  • 「武州豊島群城南麻布邑多聞山天現寺毘沙門天王縁起」天現寺所蔵
  • 「詩法蠡測(れいそく)」
  • 「本朝世説」
  • 「御撰大坂軍記」(編著)

など。

関連項目[編集]