松平斉孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松平斉孝
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年1月3日1788年2月9日
死没 天保9年2月3日1838年2月26日
改名 恰丸(幼名)→康孝(初名)→斉孝
別名 慎三郎(通称)
戒名 成裕院
墓所 岡山県津山市西寺町の泰安寺
官位 従四位上、越後守、左近衛中将
幕府 江戸幕府
美作津山藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平康哉、養父:松平康乂
兄弟 康乂斉孝維賢信行
正室:松平治好の娘)
慶倫直温定安、睦(本多正寛室)、
従(松平斉民正室)、恂子(脇坂安坦正室)、
娘(山口弘封正室)
養子:斉民

松平 斉孝(まつだいら なりたか)は、江戸時代後期の大名美作津山藩の第7代藩主。第5代藩主松平康哉の三男。初め康孝。のち斉民を養子にして斉孝と改名。

生涯[編集]

文化2年(1805年)に兄の第6代藩主康乂の死去により、その養子として家督を継ぐ。この頃、津山藩は御家門であるにもかかわらず、石高や待遇において冷遇されていた。これに不満を持った康孝は、幕府にかつての10万石への復帰を訴えた。嫡男がいなかったためと家格復活を実現させるため、幕府からの要請もあり、文化14年(1817年)に将軍徳川家斉の十四男・銀之助(後の斉民)を養嗣子として迎えた(10年後に四男・龍次郎(のちの第9代藩主慶倫)が誕生する)。これにより、津山藩は5万石を加増され、昔の10万石に戻されることとなり、官位・家格も向上した。

天保2年(1831年)11月22日、隠居して家督を斉民に譲った。天保9年(1838年)2月3日に死去。

外部リンク[編集]