杖杉庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杖杉庵
Joshin'an 01.jpg
杖杉庵
所在地 徳島県名西郡神山町下分字地中
位置 北緯33度59分1.8秒東経134度19分13.5秒座標: 北緯33度59分1.8秒 東経134度19分13.5秒
宗派 高野山真言宗
本尊 地蔵菩薩
創建年 不詳
開基 (伝)空海(弘法大師)
札所等 四国八十八箇所番外
テンプレートを表示

杖杉庵(じょうしんあん)は徳島県名西郡神山町に所在する高野山真言宗の寺院。本尊は地蔵菩薩弘法大師伝説の残る四国八十八箇所霊場番外札所である。

概要[編集]

最初に四国八十八箇所を巡った伝説の人物とされる衛門三郎の終焉の地伝説が残る場所に建つ寺院である。

伝説によれば、平安時代前期の天長年間(824年 - 833年)に、伊予国の人であった衛門三郎は四国巡錫中の弘法大師に行った無礼な行いを詫びるため弘法大師を追って旅に出たという。21回目に逆回りを行っている途中、四国八十八箇所12番札所焼山寺近くのこの地で力尽き病に倒れた。そこに弘法大師が現れ、衛門三郎は非礼を詫びた。大師が衛門三郎に来世の望みを訊くと、生まれ変われるなら河野家に生まれたいと望んで息を引き取った。そこで大師は「衛門三郎再来」と書いて左の手に握らせた。天長8年(831年)10月20日のこととされる。大師は衛門三郎をこの地に葬り、墓標として衛門三郎が遍路に使用したの杖を立てた。これがやがて根を張り杉の大木となったという。

この地に庵が設けられ、伝説にちなんで杖杉庵と名付けられた。なお、伝説の大杉は江戸時代中期の享保年間(1716年 - 1735年)に焼失したとされる。この頃に京都仁和寺より衛門三郎に「光明院四行八蓮大居士」の戒名が贈られた。

ご詠歌:忍辱の しもとの力 強くして 夜叉も羅刹も とりひしぐなり

その他[編集]

以前はここに住職がいたが、現在は無住となっており焼山寺が管理している。なお、納経印は焼山寺で受けることが出来る。

参考文献[編集]

  • 徳島史学会 編 『新版 徳島県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1995年 124ページ
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)

関連項目[編集]