李昭皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李昭皇
李朝
九代皇帝
国号 大越
王朝 李朝
在位期間 1224年 - 1225年
都城 昇龍(タンロン、現ハノイ
姓・諱 李仏金
天馨
諡号 昭皇帝
別号 昭聖公主
生年 1218年
没年 1278年
恵宗
霊慈国母
元号 天彰有道
※女皇

李昭皇(りしょうこう、Lý Chiêu Hoàng, 1218年 - 1278年、在位:1224年 - 1225年)は、李朝の第9代皇帝ベトナムで唯一の女帝といわれる。第8代皇帝恵宗の次女で、陳朝の初代皇帝太宗の皇后。佛金(仏金)または天馨だが、姓とを合わせた李昭皇の名で呼ばれることが多い。

1224年、父の恵宗が陳守度によって皇位を廃されると、その後釜としてわずか7歳で擁立されることとなった。翌1225年、陳守度の政略によって恵宗は自殺に追い込まれ、陳守度の甥に当たる太宗と結婚することを余儀なくされる。こうして皇位を夫に禅譲することを余儀なくされ、李朝は完全に滅亡した。なお、李朝の皇族は、この昭皇とその姉順天皇后を除いて、全て陳守度によって殺害されている。

そして李昭皇も1237年、太宗との間に実子が生まれないことを理由に離別させられた。太宗はその後、陳守度の策動で、自分の兄・陳柳に嫁いでいた昭皇の姉・順天を強引に離婚させ、皇后として迎えている。

先代:
恵宗
李朝皇帝
第9代:1224年 - 1225年
次代: