朴英碩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴英碩
各種表記
ハングル 박영석
漢字 朴英碩
発音: パク・ヨンソク
ローマ字 Bak Yeongseok
テンプレートを表示

朴英碩(パク・ヨンソク、1963年11月2日 - 2011年10月18日)は、大韓民国の登山家。2005年5月1日に北極点に到達し、世界で初めて山岳グランドスラム(七大陸最高峰8000メートル峰14座、および南北の極点)を達成した。2011年10月18日、アンナプルナ南壁の登攀中に遭難し、消息を絶つ。

ローツェ[編集]

1997年にローツェに挑み、無線で登頂を発表したが、実際には頂上から約50メートル下の地点までしか到達していなかった[1]。後に疑惑を提起されてこれを認め、2001年に再び挑戦して登頂に成功した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝鮮日報 2010年9月9日 「今回が初めてではない、疑惑が絶えないヒマラヤ高峰登頂」

外部リンク[編集]