本因坊元丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本因坊 元丈(ほんいんぼう げんじょう、1775年安永4年〕 - 1832年天保3年〕10月28日)は、江戸時代囲碁棋士で、家元本因坊家十一世本因坊元丈本因坊烈元門下、八段準名人。元の名は宮重楽山、法名は日真。安井知得仙知と拮抗した好敵手であり、ともに名人の技量ありと言われながら名人とならなかった。囲碁四哲と称される一人。攻めの強い棋風。

経歴[編集]

清水徳川家物頭役宮重八郎左衛門の四男として江戸で生まれる。知得との初対局は、天明8年(1788年)で、この時楽山14歳、知得13歳で、知得先で楽山12目勝ちであった。寛政2年(1790年)に知得と十番碁を打ち、知得先相先で5勝4敗1ジゴ、寛政4年(1792年)以後はほぼ互先となる。寛政6年(1794年)には四段となり、この時の楽山と知得の棋譜を後の関山仙太夫は「両雄は珍物」と褒めた。

本因坊烈元は河野元虎を跡目候補に目していたが、寛政7年(1795年)に元虎は没し、寛政10年(1798年)五段で楽山が跡目となり、元丈と改名。この年の御城碁に初出仕し、七世安井仙知に先番5目勝ちを収める。寛政12年(1800年)六段。文化元年(1804年)七段上手。文化5年(1808年)に烈元病気のために隠居願いを出すが受けられず、12月に死去するが一門はこれを秘し、翌年に家督相続を許されて11世本因坊元丈となる。この後に烈元の死を公表した。文化11年(1814年)知得と同時に八段準名人に昇る。文政2年(1812年)の御城碁での、初出仕の井上安節(井上幻庵因碩)五段との二子局黒1目勝ちの碁は、元丈一生のできばえと呼ばれている。

知得との御城碁では、寛政12年(1800年)の知得初出仕から、文化12年(1815年)まで、2勝2敗1ジゴ。ジゴは元丈白番であった。知得との対戦総数は長らく七十七番と言われていたが、その後に発見された棋譜を加えて80数局と見られている。

元丈の跡目候補には奥貫智策が候補と考えられていたが、智策は文化9年(1812年)に27歳で夭逝したため、戸谷丈和(本因坊丈和)を候補と目すようになる。文政2年(1819年)に丈和を跡目とし、文政10年(1827年)に隠居して、丈和に家督を譲る。その後、丈和の名人就位運動にも特に関わらず、酒を楽しみに余生を送った。墓所は本妙寺で、現在は本因坊秀甫と同じ墓に葬られている。

実子に、丈和の跡を継いだ十三世本因坊丈策、宮重策全六段がいる。長兄作重郎は大御番小笠原近江守の組与力を勤めた。

如仏の判決[編集]

鎌倉時代において如仏の判決として知られる全局死活論について、文政4年(1821年)なって家元会議にて元丈がこれを否定し、これ以降は部分死活論が採用されるようになった。

戦績[編集]

御城碁
  • 1798年(寛政10年) 先番5目勝 安井仙角仙知
  • 1799年(寛政11年) 白番5目勝 井上春策
  • 1800年(寛政12年) 白番9目負 安井知得
  • 1801年(享和元年) 先番ジゴ 林門悦
  • 1802年(享和2年) 先番7目勝 井上因達因碩
  • 1803年(享和3年) 先番1目勝 安井仙角仙知
  • 1804年(文化元年) 先番9目勝 安井知得
  • 1805年(文化2年) 先番9目勝 安井知得
  • 1804年(文化元年) 先番9目勝 安井知得
  • 1805年(文化2年) 白番ジゴ 井上春策因碩
  • 1806年(文化3年) 白番ジゴ 安井知得
  • 1807年(文化4年) 向二子2目負 林鐵元門入
  • 1809年(文化6年) 先番3目勝 安井知得
  • 1810年(文化7年) 白番ジゴ 林門悦
  • 1811年(文化8年) 白番2目負 井上因砂因碩
  • 1812年(文化9年) 先番5目負 林門悦
  • 1813年(文化10年) 向二子中押負 林鐵元門入
  • 1814年(文化11年) 白番2目勝 井上因砂因碩
  • 1815年(文化12年) 白番2目負 安井知得仙知
  • 1816年(文化13年) 白番13目勝 林鐵元門入
  • 1819年(文政2年) 向二子1目負 井上安節
  • 1823年(文政6年) 白番3目勝 林元美
  • 1824年(文政7年) 白番2目負 井上因砂因碩

その他、河野元虎には元丈先で6勝1敗1ジゴ、服部因淑に先相先で6勝5敗1打掛けなどがある。

代表局

御城碁(文化元年 11月17日)安井知得 - 本因坊元丈(先番)

Chitoku-genjo-18041117-45-59.jpg

右辺黒1(45手目)、3が元丈の持ち味の出た手。中央を厚くしながら続く13、15が好手で、この後白が上辺を進出する間に下辺の白、続いて左辺の白を小さく生かし、中央を固めて黒が快勝した。231手完、黒9目勝。

著作[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 武宮正樹『元丈 日本囲碁大系(10)』筑摩書房 1976年
  • 矢田直己『秘譜発掘』誠文堂新光社 2004年(「元丈・知得八十四番碁研究」を収録)
  • 囲碁データハウス『本因坊元丈』(PCソフト、元丈の全棋譜226局を収録)

外部リンク[編集]

木石庵「本因坊元丈」