有馬晴純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
有馬晴純
時代 戦国時代
生誕 文明15年(1483年
死没 永禄9年2月28日1566年3月19日
別名 賢純・義純・義統(別名)、仙巌・南明軒(号)
官位 修理大夫
幕府 室町幕府肥前守護
氏族 有馬氏
父母 父:有馬尚鑑
兄弟 晴純西郷純久
正室:大村純伊の娘
義貞大村純忠千々石直員
松浦盛志岐諸経

有馬 晴純(ありま はるずみ)は、戦国時代肥前国大名肥前有馬氏の当主。肥前日之江城主。

生涯[編集]

文明15年(1483年)、有馬尚鑑(ひさあき、別名:純鑑(すみあき))の子として生まれる。

祖父の有馬貴純の代に成長した勢力をさらに拡大させ、高来郡を中心に島原半島一帯を支配下に治め、貿易を独占して肥前有馬氏の最盛期を創出した。その実力は室町幕府将軍足利義晴にも認められ、天文8年(1539年)、義晴から偏諱(「晴」の字)を賜る(足利将軍家からの偏諱の授与は父・尚鑑が足利義尚から1字を賜って以来行われている)とともに、修理大夫に任じられている。このとき、返礼として刀や馬、黄金などを献上している。

天文15年(1546年)、龍造寺家兼の居城・水ケ江城を攻め落とすが、2ヵ月後に家兼の逆襲を受けて奪還されている。その後、晴純は次男・純忠大村氏へ養子に出したのをはじめ、千々石氏松浦氏(相神浦松浦家)などにも三男直員、四男(さこう)を養子として送り、肥前支配の強化を図る。

天文19年(1550年)にポルトガル船が支配地に入港するようになると、これによる南蛮貿易の利益で有馬氏はさらに発展したが、同時にキリスト教も広まるようになり、キリスト教を嫌った晴純は激しく弾圧したという。

天文21年(1552年)、嫡男の義貞に家督を譲って、隠居して悠々自適の生活を送った。しかし、この頃から大友宗麟龍造寺隆信らによる肥前侵攻が激化するようになり、晴純が死去した頃には有馬氏の勢力は大きく縮小することになった。

永禄9年(1566年)死去。享年84。