有馬直純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有馬 直純
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正14年(1586年
死没 寛永18年6月3日1641年7月10日
改名 忠清(初名)→直純
戒名 月光院殿金吾身誉崇出大居士
霊名 ミゲル
墓所 福井県坂井市丸岡町石城戸町の白道寺
官位 従五位下、左衛門
幕府 江戸幕府
肥前日野江藩主→日向延岡藩
氏族 肥前有馬氏
父母 父:有馬晴信、母:大上(山田純規の娘)
兄弟 直純、富蘭、於松、実尊、純貞
正室:マルタ小西如清の娘)
継室:国姫本多忠政の娘、徳川家康の養女)
康純純政、娘(本多政勝正室)、娘(本多政勝養女)、娘(秋元富朝正室)、娘(有馬純親室)、娘(黒田高政正室)

有馬 直純(ありま なおずみ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。晴信系肥前有馬氏2代。

生涯[編集]

天正14年(1586年)、有馬晴信の嫡男として肥前国日野江城に生まれる。父同様、キリシタンであり、洗礼名はミゲル。

慶長5年(1600年)、15歳から親元を離れ、駿府城徳川家康に側近として仕える。慶長15年(1610年)、キリシタンであった妻・マルタ(小西行長の姪)を離縁し、家康の養女・国姫桑名藩藩主・本多忠政の娘)を正室として娶った。

慶長17年(1612年)、父・晴信は岡本大八事件の責任を問われて(直純は早期の家督継承と、妻・国姫の意向を受けてキリシタンとの縁を切るべく、父を処断するように幕臣へ訴えたともされる)、改易のうえ死罪となったが、直純は家康との縁が深かったために連座を免れ、父の所領を受け継いで肥前日野江藩主となった。同年の江戸幕府による禁教令に従い改宗し、領内のキリシタンを迫害した。また、慶長18年(1613年4月25日には、父とその後妻・ジュスタの間に生まれた8歳と6歳の異母弟(フランシスコ(富蘭)とマティアス(於松)という洗礼名のみ残る)を殺害している。

しかし、これらのことから良心の呵責に耐えかねて嫌気がさし、幕府に転封を願い出て、慶長19年(1614年)7月に日向延岡に5万3千石の所領を与えられた。寛永14年(1637年)に旧領で起こった天草・島原の乱においては、地理に明るいことから4000名近い軍団を率いて征伐軍に加わり、乱を起こした自らの旧臣や元領民と対決した。なおこの時、豊前中津藩小笠原長次配下の軍監として参戦していた剣豪・宮本武蔵から書簡を受け取っている[1]

寛永18年(1641年)、参勤交代の途中、大坂屋敷にて死去した。享年56。一説には明石沖の船中にて死去ともいわれる。

脚注[編集]

  1. ^ 書簡の原本は吉川英治記念館(東京都青梅市)所蔵。