月をぬすんだ双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

月をぬすんだ双子ポーランド語: O dwóch takich, co ukradli księżyc )は1962年ポーランド映画。原作はコルネル・マクシンスキによって1928年に発表された同名の童話。後にポーランドの政治指導者となったレフヤロスワフのカチンスキ兄弟が主演[1]

この映画はポーランドでは知らない子供はいないほどの人気作品であるが、21世紀に入ってカチンスキ兄弟がポーランドの政治家として頭角を現してくると、この作品もさらに有名となっていった。弟のレフ・カチンスキ2005年ポーランド共和国大統領となり、2010年の航空機事故で他界した。弟にそっくりの兄ヤロスワフ・カチンスキ1990年から1991年にかけてポーランド共和国大統領府長官を務めたのち、2006年から2007年にかけてはポーランド共和国首相を務め、現在は最大野党法と正義」の党首。二人はこの映画出演時13歳。

あらすじ[編集]

ヤツェックとプラツェックはやんちゃで怠けものの双子。ただ一つ興味があることは、食べること。学校のチョークでもスポンジでもなんでも食べてしまうのだった。ある日二人は を盗むことを思いつく。月はでできていたのだ。

「月を盗んだら、ぼくらはもう働かなくて済むんだよ。」
「だけど、ぼくたちはじめから働いてなんかいないよね…?」
「どっちにしても、ぼくたちはずっとまったく働かなくていいことになるのさ!」

はらはらするような体験をいくつかしたのち、ヤツェックとプラツェックは月を盗むことに成功する。それを見ていた強盗の一団がこの双子を捕まえる。双子は強盗たちから逃げることに成功し、こんどは「金の街」へ侵入して金を盗むことを計画する。計画はうまく行ったが、強盗たちが金を取ろうとすると、彼らは瞬時に金に変わってしまう。それを見た双子は一目散に逃げて家に戻り、両親に約束する-まじめな農夫になって一生懸命働く、と。

出演者[編集]

  • レフ・カチンスキ - ヤツェック
  • ヤロスワフ・カチンスキ - プラツェック
  • ルドヴィク・ベノワ - ヴォイチェフ(双子の父親
  • ヘレナ・グロッスフナ - 双子の母親
  • ヤヌシュ・ストラホツキ - ザピェツェック村長
  • タデウシュ・ヴシニャク - ザピェツェック村の学校教師
  • ヤヌシュ・クウォシンスキ - モルタデッラ
  • ヴァツワフ・コヴァルスキ
  • ヘンリク・モトジェフスキ - ザピェツェック村の服屋
  • ブロニスワフ・ダルスキ - バルナバ
  • スタニスワフ・ティルチンスキ
  • ヤヌシュ・ジェイェフスキ
  • ヴウォジミェシュ・スコチラス
  • タデウシュ・シュミット
  • リシャルト・ロンチェフスキ - ロズポーレック(強盗団の一人)

参照[編集]

  1. ^ Twins who stole the Moon are poised to run away with Poland - Telegraph

外部リンク[編集]