暁の爆撃隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暁の爆撃隊
Suzy
監督 ジョージ・フィッツモーリス
脚本 ドロシー・パーカー
アラン・キャンベル
ホレース・ジャクソン
レノア・J・コフィ
原作 ハーバート・ゴーマン
製作 モーリス・レヴネス
出演者 ジーン・ハーロウ
フランチョット・トーン
ケーリー・グラント
音楽 ウィリアム・アクスト
撮影 レイ・ジューン
編集 ジョージ・ベームラー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1936年6月26日
日本の旗 1936年12月
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約614,000ドル
興行収入 1,800,000ドル(全世界配収)
テンプレートを表示

暁の爆撃隊』(あかつきのばくげきたい、原題・英語: Suzy)は、1936年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

ハーバート・ゴーマンの小説を基にジョージ・フィッツモーリスが監督、ジーン・ハーロウフランチョット・トーンケーリー・グラントが主演した。

あらすじ[編集]

コーラスガールをしていたスージーは、軍需工場の支配人に昇格したテリーと婚約した。 だが、その昇格には裏があり、彼は何者かに襲われた。 テリーの元へ戻ったスージーは夫が死んだと思い込んだが、自分に嫌疑がかかると思い、その場を去った。 その後、パリのキャバレーで働いていたスージーは、将校アンドレと結ばれるが、アンドレは女たらしで、マダム・アイレルと愛し合っていた。 そんな中、フランス軍に最新鋭の飛行機が届く。そして、その開発者はテリーだった。

キャスト[編集]

  • スージー:ジーン・ハーロウ
  • テリー:フランチョット・トーン
  • アンドレ:ケーリー・グラント
  • 男爵:ルイス・ストーン

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョージ・フィッツモーリス
  • 製作:モーリス・レヴネス
  • 脚本:ドロシー・パーカー、アラン・キャンベル、ホレース・ジャクソン、レノア・J・コフィ
  • 音楽:ウィリアム・アクスト
  • 撮影:レイ・ジューン
  • 編集:ジョージ・ベームラー
  • 美術:セドリック・ギボンズ
  • 衣裳:ドリー・ツリー
  • 録音:ダグラス・シアラー

アカデミー賞ノミネーション[編集]

外部リンク[編集]