早期妊娠因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

早期妊娠因子(そうきにんしんいんし、英:early pregnancy factor:EPF)とは妊娠動物に認められる母体とは異質の胎子抗原因子。ヒトウシでは受精後1~2日以降に血中で証明され、母体からの攻撃に対する防御、着床や発育の促進に関与するとされる。最も早い時期に血中に出現する妊娠関連因子であるため早期妊娠診断に利用することができる。早期妊娠因子の生産部位について諸説ある。早期妊娠因子の測定はリンパ球赤血球の凝集によりできるロゼットの抑制率を調べるロゼット抑制試験によって行われる。

参考文献[編集]

  • 山内亮監修 『最新家畜臨床繁殖学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4254460201
  • 浜名克己, 中尾敏彦, 津曲茂久編 『獣医繁殖学 第3版』 文永堂出版 2006年 ISBN 4830032065