日食彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日食彗星
Eclipse comet
仮符号・別名 C/1948 V1
分類 彗星
軌道の種類 非周期彗星
軌道要素と性質
元期:TDB 2432840.5 (1948年10月16.0日)
軌道長半径 (a) 2083.4000000 AU
近日点距離 (q) 0000.135421 AU
遠日点距離 (Q) 4166.6645790 AU
離心率 (e) 0.999935
公転周期 (P) 95095.29 年
平均軌道速度 0.0000104 度/日
軌道傾斜角 (i) 023.1170 度
近日点引数 (ω) 107.2521 度
昇交点黄経 (Ω) 211.0395 度
平均近点角 (M) 359.9998816 度
前回近日点通過 JED 02432851.9271
(1948年10月27日)
次回近日点通過 JED 37142630.39
(96980年12月18日)
発見
発見日 1948年12月1日
発見者 特定の発見者は無し
発見方法 目視
別名称
別名称
1948 XI
1948l
■Project ■Template

日食彗星 (Eclipse comet) とは、彗星の1つである。

彗星の命名規則による符号ではC/1948 V1であるこの日食彗星は、1948年11月1日皆既日食の発生中に発見されたため、この名称がつけられた。ほかにも日食中に発見された彗星はいくつか存在するが、C/1948 V1は最も有名である。ジェット推進研究所では日食彗星の名をC/1948 V1のみにつけている。このとき既に視等級で-2等級の明るさを持っていた。尾の長さは最大で30度になり、南半球では12月末まで肉眼での観測が出来た。

日食彗星は、発見の1ヶ月以上前の10月27日近日点に達したと考えられている。離心率は0.999935という値であり、仮に回帰してきたとしても次回の近日点通過は96980年頃になる。

参考[編集]

関連項目[編集]