戦乙女ヴァルキリーG 〜戦乙女達の黄昏〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦乙女ヴァルキリーG
〜戦乙女達の黄昏〜
対応機種 Windows2000/XP/Vista
発売元 ルネ
ジャンル 戦乙女ハーレムエピソード満載ADV(仮)
発売日 2009年1月30日
価格 7,140円(税込)
レイティング 18禁
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり

戦乙女ヴァルキリーG〜戦乙女達の黄昏〜 』は、2009年1月30日ルネより発売された18禁戦乙女ハーレムエピソード満載ADV(仮)

概要[編集]

本作は『戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」』および『戦乙女ヴァルキリー2「主よ、淫らな私をお許しください……」』のファンディスクとして企画された。本作の制作にあたっては『ヴァルキリー大賞』としてショートストーリーを一般公募し応募作品をゲームに起用した[1]。なお、主要キャラクターの一人であるフレイアは演者である北都南が病気療養中だったため登場していない。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

インターネットラジオ[編集]

発売前に、ルネの公式HPにて「レイアとヒルデガードのヴァルキリーラジオ ~主よ…淫らな放送をお許し下さい~』がオンエアされた。 本作の雰囲気をいち早くリスナーに伝える…という触れ込みだったが、何かにつけて発情したり、「民のため」を乱発したり、スクルドが名前を呼ばれなかったり、『姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜』の物真似まで飛び出すなど、内容は非常にギャグ色が強く、宣伝というよりは一種のギャグパロディといった趣である。 また、声優が全編に渡ってキャラクターを演じていることも特徴の1つ(多くのゲーム発インターネットラジオに見られる、声優個人としてのトークは一切ない)。

パーソナリティ
ゲスト
  • 第4回 アリーヤ(=一色ヒカル
  • 第5回 ロキ(=かわしまりの
  • 第6回 スクルド(=野神奈々
  • 第7回 ファフニール(=風音
  • 第8回 ロキ
  • 出張版その1 ファフニール、アリーヤ、スクルド
  • 出張版その2 ロキ

関連商品[編集]

小説(単行本)

  • 戦乙女ヴァルキリーG〜戦乙女達の黄昏〜 パンプキンノベルス Vol.85

関連書籍

アニメ

こっとんど〜る制作のアダルトアニメ
  • 戦乙女ヴァルキリーG
    • 第一話「籠絡」 2012年7月20日発売
    • 第二話「貪淫」 2012年8月24日発売

その他

  • 戦乙女ヴァルキリー レイア(スク水バージョン) 抱き枕カバー
    • 2009年8月発売、発売元/キャラボーイ、原画/田丸まこと
  • 戦乙女ヴァルキリー フェンリル 抱き枕カバー
    • 2009年8月発売、発売元/キャラボーイ、原画/田丸まこと

脚注[編集]

  1. ^ 大賞を受賞したのは漫画家の船堀斉晃であった

外部リンク[編集]