干物女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

干物女(ひものおんな)とは恋愛を放棄している、様々な事を面倒くさがり、適当に済ませてしまう女性のこと。

概要[編集]

干物女という単語は、ひうらさとる漫画ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍の生活ぶりを指した作中の用語として発生した。雨宮蛍がそう名付けられた生活ぶりとは、平日は毎日会社から帰るとマンガを読んで一人手酌で酒を飲み、休日は布団の中でうだうだ過ごすのが幸せという、だらけて恋愛から遠ざかっている様子の事である。魚のようにぴちぴちと恋愛に励んでいた時期が遠ざかり、「干物のように枯れ果て」「干物を噛みしめるように魚であった頃の思い出を反芻するだけ」という状態である事が由来になっている。魚であった時期、つまりは、「以前には恋愛経験がある」事が前提となっており、一切の性関係を持ったことのない喪女とは異なる存在である。だが、単語が広まるにつれて定義は曖昧になり「恋愛を放棄した10代~30代の(未婚の)女性」との意味が持たれる様になった。雨宮蛍は、恋愛を全く放棄したというわけでもなく、単に面倒臭がって遠ざかっていただけである。“負け組”“勝ち組”など極端に分ける風潮が反映された言葉の1つ。“2007年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語60語”にノミネートされたが、同年12月3日に行われた本選ではベスト10入りを逃した。

定義・特徴[編集]

ひうらさとるは、干物女は「恋愛は面倒臭いからしない」という考えを持っていると語っている。基本的には10代後半~30代の面倒臭がり、恋愛を放棄する女性を指す。特徴は

  • メールの返事が極端に遅い、短い
  • 簡単な食事なら台所で立って食べる
  • 忘れ物を靴を履いたまま、膝立ちで部屋に上がり取りに行く
  • 休日はノーメイクでノーブラ
  • 半年ほど美容室に行っていない
  • 冬場は、毛の処理を怠る、又はしない
  • 1人で居酒屋に入れる
  • 最近ドキドキしていない

などが挙げられる。  

参照作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]