山田無文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山田 無文(やまだ むもん、1900年7月16日 - 1988年12月24日)は日本臨済宗僧侶花園大学学長・臨済宗妙心寺派管長。

チベット探検で有名な河口慧海を頼って出家するが、あまりの厳しい生活に結核になってしまったエピソードもある。

わかりやすい法話で親しまれた。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 亀山天皇御事蹟』元寇六百六十年記念亀山天皇報恩会 1941
  • 『坐禅和讃講話』妙心寺派宗務本所花園会本部 1960
  • 『祖師にかえれ』祥福寺 1960 真人文庫
  • 白隠禅師坐禅和讃講話』春秋社 1962
  • 『むもん法話集』春秋社 1963
  • 『心に花を』春秋社、1964 しんじん文庫
  • 『碧巌物語』大法輪閣 1964
  • 『死にともない』春秋社 1965 しんじん文庫
  • 『手をあわせる』春秋社 1965 しんじん文庫
  • 『肚づくり 自我を超える世界』実業之日本社 1965 実日新書
  • 『生活の中の般若心経』春秋社 1966
  • 『わたしは誰か』春秋社 1966 しんじん文庫
  • 『釈尊にかえれ』春秋社 1967 しんじん文庫
  • 維摩経法話』春秋社 1968
  • 『中道をゆく』春秋社 1969 しんじん文庫
  • 『鶏は暁の五更に鳴く』春秋社 1970 しんじん文庫
  • 『今日を生きる』1971 講談社現代新書
  • 『心の眼を開く』筑摩書房 1971 現代を生きる心
  • 『無文老師墨蹟集』禅文化研究所 1972
  • 『わが精神のふるさと』雄渾社 1972 現代人生論法話
  • 『不二の妙道』春秋社 1973 しんじん文庫
  • 『平常心是れ道 あたりまえの心』立風書房 1975
  • 『真理の言葉 法句経講話』春秋社 1976 しんじん文庫
  • 『菩提心を発しましょう 平和のみち宗教』柏樹社 1976 柏樹新書
  • 『むもん関講話』春秋社 1976
  • 『白隠禅師毒語心経講話』禅文化研究所 1981
  • 『自己を見つめる ほんとうの自分とは何か』禅文化研究所 1982
  • 十牛図 禅の悟りにいたる十のプロセス』禅文化研究所 1982
  • 『無文老師の三分間法話』同朋舎出版 1982
  • 『遺教経講話』春秋社 1982
  • 『六祖壇経講話』春秋社 1983-84 
  • 証道歌』禅文化研究所 1985
  • 『般若心経』禅文化研究所 1986
  • 『わが「心」のふるさと 自分とは何か、生きがいとは何か』雄渾社 1986
  • 『無文老師墨蹟集成』禅文化研究所 1987
  • 『わが精神の故郷 附心王銘提唱』禅文化研究所 2000
  • 無文全集』全16巻 禅文化研究所 2003-04
  • 『山田無文老師説話集 愛語 よい言葉をかけて暮らそう』禅文化研究所 2005
  • 『山田無文老師説話集 和顔 仏様のような顔で生きよう』禅文化研究所 2005

共編著[編集]

  • 関精拙『武士道乃高揚』編 顕道書院 1942 
  • 峨翁老師遺薫』編 天竜寺 1957
  • 『無門関 解説』高橋新吉共著 法蔵館 1958 東方双書
  • 『禅がとく人生論』淡川康一共著 雄渾社 1968
  • 『禅と念仏 対話』大原性実共著 潮文社 1968
  • 『平和の訴え』末川博,坂田昌一共編 雄渾社 1968
  • 『末世を生きる』対談: 水上勉 講談社 1974 のち立風書房、学研M文庫  
  • 義玄『臨済録』禅文化研究所 1984
  • 『坐禅のすすめ』大森曹玄,平田精耕共著 禅文化研究所 1987