属地主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

属地主義(ぞくちしゅぎ)とは、の適用範囲に関する立法主義の一つで、自国領域内に場所的に限定するもの。

刑法であれば、国内で犯された犯罪に対しては行為者の国籍を問わず自国の刑法を適用するもの。日本の刑法では刑法第1条1項の規定で属地主義を採用しており、この属地主義の立場を基本として犯罪の類型ごとに属人主義保護主義世界主義で補充する形をとっている。

知的財産法においては、自国の知的財産法に準拠する知的財産権が認められる範囲を自国領域内に限定するというもの。

関連項目[編集]