主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

主義(しゅぎ)は、人、団体や政府が主張や行動の指針にする原則や思想である。

概要[編集]

「主義」は中国の史記にも出現するほど古い言葉であり、「信じている一定の主張」を意味した。明治前期に英語「principle」の訳語として定着し、その後英語「-ism」の訳語としても使われるようになった。「principle」を「主義」と訳したのは福地源一郎(福地桜痴)だとする説もある。

主義の一覧[編集]

ここには「主義」で終わる言葉や、「イズム(-ism)」で終わり「主義」と訳しうる言葉を集めた。

目次:

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

国際私法上、属人主義ともいわれ、その人に固有の法の適用を認める主義で属地主義に対する。
国際私法上、国籍に関係なく人が居住している国家の法を適用する主義で属人主義に対する。

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

参考文献[編集]